エコ芝生マット(かご付)
定価 3,500円(税込)
販売価格 3,500円(税込)
購入数

ご注文は、1(6枚) 21,000円からになります。
(6枚で約1屬砲覆蠅泙后)

詳 細
サイズ: 42x42x15cm(マットの厚み8.5cm)
重さ : 通常-約9kg 冠水時−約11kg

ヤシ殻チップの中に小さなヤシの繊維と
炭が混入されており適度な空気層を芝
の根に与え、根腐れを防ぎます。
 
栽培が非常に難しいといわれる西洋芝をエコマットの上で栽培したものです。ココピート(天然のヤシ殻)をヤシの繊維で包み込み圧縮成型したものの上に芝生を栽培したものです。

 マットと芝が一体化して、その上芝の根がマットの下部までいき渡り、マットをがっしり抱えているため、他社の製品のようにはがれたり、風で飛ばされるということがありません。
 マットの保水力が1m2当たり約50リットル以上と高いため、夏場以外は水やりの必要がありません。また、マットを2枚重ねて使用すれば、保水力が1m2あたり100リットルを超えるため、少ない水やりで緑を保ちます。
弾力性が大きく、幼稚園などでの転落対策に最適です。
 土を使わずに、自然の素材だけで作られた、100%エコロジーの製品です。


特 徴
      一年中グリーンです
 トータルコストが安い 
 ビル風でも飛ばされません
 抜群の保水力(1屐50ℓ以上)
 手間がかからない美しい緑化ができます
 室内気温を約3℃下げ、電気代節約
 一年中いつでも施行でき、養成期間も不要
真夏日と真冬の状態 
エコ芝生マットは猛暑日でも真冬の雪の下でも緑を維持します。
日本橋コレド前 気温38℃ 栽培場 気温−5℃
2010年の8月17日の写真 2009年12月30日の写真
 
 芝生は1屬韮映間、約4kgのCO2 を吸収します。また建物の屋根に設置すれば、室内の夏の気温を約3℃下げ、電気代を節約し、CO2 の削減に貢献します。軽量・コンパクトで、このエコ芝生マットを好みのレイアウトに並べて、置くだけで簡単に芝生の庭が作れます。

 ココヤシ殻が雨水をキープし、ココヤシ繊維が適度な空気層を作り植物の根腐れを防ぎ、排水を助けます。そのため、灌漑設備の設置が不要です。土を使用していませんので、部屋も汚さず簡単に取り扱えます。マットと芝が一体化して、その上芝の根がマットの下部までいき渡り、マットをがっしり抱えているため、他社の製品のようにはがれたり、風で飛ばされるということがありません。

 マットの保水力が1崚たり約50リットル以上と高いため、夏場以外は水やりの必要がありません。また、マットを2枚重ねて使用すれば、保水力が1屬△燭120リットルを超えるため、ごく少ない水やりで緑を保ちます。

植物の成長に必要な肥料と根腐れ防止用に炭が入っています。自然の素材だけで作られた、100%エコロジーの製品です。
製品仕様
種類 常緑芝
基盤 ここヤシマット
1崚たりの重量(最大保水時) 70kg
1崚たりの重量(通常) 48kg
緑の期間 一年中
施工できる期間 一年中
施工後の養成期間 不要
1崚たりの保水力 約60リットル
散水の頻度 乾燥時のみ
強風対策 不要
施工後の移動性 移動可能
根ぐされ対策 対策済み
基盤下の排水対策 不要
メンテナンス 月1回
施工 置くだけ
施工費用 安価
弱点 夏場に弱い
耐陰性 6時間の日射要

西洋芝の特徴
 サッカー場などで使用される踏圧に強い芝です。耐暑性と耐乾性の強い芝生で、一年中緑を保ちますが夏場の過酷な環境(気温32度以上、散水もしないなど)の場所では夏枯れを起こす危険があります。冬場の雪の中でも緑を保ちます。3種混合にする理由として、それぞれの種子には耐暑性、耐寒性、耐病性などの特性があり、それぞれの長所を生かして、短所を補いながら一年中緑を保つように、設計されています。横へ拡がる芝が混入されており、マットの隙間を埋めてくれます。 (ケンタッキーブルーグラス、ペレニアルライグラス、トールフェスク混合)


エコ芝生マットは、自治体で施行されている緑化助成金制度や土地緑地法に適合しています。
緑化助成金:   屋上やベランダ・駐車場などを緑化する場合、経費の一部を自治体が助成してくれます。
土地緑地法: 都市部で、一定規模以上の敷地で建築物を新築・増改築する場合に、一部の緑化が義務付けられています。




この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける